ブランディングで世界は変わる

CHANGE THE WORLD

brand-thumb-069
第69回 ブランディングの心
02, 12月

個性を絞り込むこと、一番手を目指すこと、そして消費者の意識に寄り添うこと。あらゆるブランディング手法はこの三点に集約されるといえます。「ブランディング講座」の最終回となる今回は、改めてこれらの基本を振り返り、ブランディングの本質をおさらいします。

brand-thumb-062
第68回 法則編(20)特異性の法則
25, 11月

ブランドをブランドたらしめる本質は「特異性」にあります。今回はライズの「ブランディング22の法則」から「特異性の法則」を取り上げ、ブランドが市場で果たす役割に改めて触れ、「22の法則」の解説編を締めくくりたいと思います。

第67回 法則編(19)寿命の法則
17, 11月

いかに優れたブランドでも、市場の動きに抗って永遠に存在し続けることはできません。今回はライズの「ブランディング22の法則」から「寿命の法則」を取り上げ、ブランドが「寿命」を迎える理由や、無理な延命措置の失敗例などについて解説します。

第66回 法則編(18)変更の法則
11, 11月

ライズの「ブランディング22の法則」では、基本的に一貫性を重視したブランディングが説かれていますが、その最大の例外となるのが「変更の法則」です。ブランドの価値を損ねることなく変更を加えられるケースや、その手法を見てみましょう。

第65回 法則編(17)一慣性の法則
04, 11月

ブランドの価値を生み出す源泉となるものは「一貫性」にほかなりません。今回はライズの「ブランディング22の法則」から「一貫性の法則」を取り上げ、市場の変化に左右されず一貫した本質を保つことの重要性や、ブランドの本質を見失ってしまった場合の失敗例について述べます。

第64回 法則編(16)国境の法則(2)
28, 10月

グローバルブランドとは、「グローバルな感覚」なるものを備えたブランドのことではなく、あくまで自国のイメージに根差したブランドのことです。今回は、前回に続いてライズの「ブランディング22の法則」から「国境の法則」を取り上げ、グローバルブランドの本質に迫ります。

第63回 法則編(15)国境の法則(1)
21, 10月

グローバルな舞台でブランドを成功させるためには、自国の「売り」を最大限に活用する必要があります。今回はライズの「ブランディング22の法則」から「国境の法則」を取り上げ、グローバルブランドが成功を収める原理や、その成功例についてご紹介します。

第62回 法則編(14)色調の法則
14, 10月

コカ・コーラといえば赤、ペプシコーラといえば青など、名の知れたブランドには同時に連想される色があるものです。今回はライズの「ブランディング22の法則」から「色調の法則」を取り上げ、ブランド・カラーの決め方や、競合との差別化の重要性などについて述べます。